死にたいと思っている人へ、お釈迦さまからのメッセージ

私たち人間が、みな求めているのが「幸せ」です。

 

すべての人が、幸せになりたい、不幸になりたくない、と思って一生懸命人生を生きています。

 

しかし、生きていてもいいことがあるとは思えず、こんな苦しい人生ならいっそ死んだほうがまし。

そう思って、自ら命をたつ人は絶えません。

自殺をする勇気はないけど、ただなんとなく、死ぬのを待つ人生。

そんな人は少なくないでしょう。

 

実は「死にたい」と思う心の裏には「生きたい」という本音が隠されているのです。

死にたいと思うのも、幸せを求めてのこと。

死んだほうが、今よりはマシ。今よりは幸せになれるんじゃないかと思うからです。

 

それくらいに生きるというのは辛いことなのです。

 

「人生は苦なり」(釈迦)

 

いじめられて辛いから

仕事が辛いから

病気で苦しいから

人間関係に疲れたから

 

「死にたい」と思う理由はいろいろあると思いますが、仏教では自ら死を選ぶ理由は全人類共通だと言われます。

 

「なんのために生きるのか」=「死んだらどうなるのか」 分からない心

 

これが、自殺をする本当の理由であると答えられています。

 

仏教の言葉で『無明の闇』といいます。

 

もちろん私たちにその意識はありませんが、「なぜ生きる」のかが分からないから、自殺もするし、誰も自殺を止めることができないのです。

 

逆にいえば、「なぜ生きる」の答えさえわかれば、命の尊さがハッキリわかります。

『無明の闇』は晴らすことができるのです。

 

その答えひとつを説かれたのが仏教だからです。

 

 

2600年前のインド、お釈迦さまの時代にも、生きるのが辛く自殺をしようとする人はいました。

 

--------------------------------------------------------------

釈尊(釈迦)が、托鉢の道中でのことである。

大きな橋の上で、辺りをはばかりながら一人の娘がたもとへ石を入れている。


 自殺の準備に違いない。


娘のそばまで行かれた釈尊は、優しくその訳を尋ねられた。

相手がお釈迦さまと分かった娘は、心を開いて苦しみのすべてを打ち明けた。

 

「お恥ずかしいことですが、私はある人を愛しましたが、捨てられてしまいました。

世間の目は冷たく、やがて生まれてくるおなかの子供の将来などを考えますと、いっそ死んだほうがどんなにましだろうと苦しみます。

こんな私を哀れに思われましたら、どうかこのまま死なせてくださいませ」

 

と、よよと泣き崩れた。

 

釈尊は哀れに思われ、こう諭された。

 

 不憫なそなたには、例えをもって話そう。


 「ある所に、毎日、荷物を満載した車を、朝から晩まで引かねばならぬ牛がいた。つくづくその牛は思ったのだ。


『なぜオレは、毎日こんなに苦しまねばならぬのか、一体自分を苦しめているものは何なのか』。
そして、
『そうだ。オレを苦しめているのは間違いなくこの車だ。この車さえなければ、オレは苦しまなくてもよいのだ。この車を壊そう』。


 牛はそう決意した。
 

ある日、猛然と走って大きな石に車を打ち当て、木っ端微塵に壊してしまったのだ。

それを知った飼い主は驚いた。


こんな乱暴な牛には、余程頑丈な車でなければ、また壊される。


やがて飼い主は、鋼鉄製の車を造ってきた。それは今までの車の何十倍の重さであった。

 

自殺を止められた釈尊の話

 

その車に満載した重荷を、今までのように毎日引かせられ、以前の何百倍も苦しむようになった牛は、今更壊すこともできず、深く後悔したが、後の祭りであった。

 

牛は、自分を苦しめているのは車だと考え、この車さえ壊せば、自分は苦しまなくてもよいのだと思った。

 

それと同じように、そなたはこの肉体さえ壊せば、苦しみから解放され、楽になれると思っているのだろう。


そなたには分からないだろうが、死ねばもっと恐ろしい苦しみの世界へ入っていかねばならないのだよ。

 

その苦しみは、この世のどんな苦しみよりも、大きくて深い苦しみである。

そなたは、その一大事の後生を知らないのだ」

 

そして釈尊は、すべての人に、後生の一大事のあることを、諄々と教えられた。

 

死んだらどうなるのか

 

娘は、自分の愚かな考えを深く後悔し、釈尊の教えを真剣に聞くようになり、幸せな生涯を生き抜いたという。

 

---------------------------------------------------------

 

お釈迦さまが「そなたには分からないだろうが」と言われているとおり、

私たち人間に、死んだ後の苦しみは分かりません。

死んで帰ってきた人は誰もいないのですから、わかりようもありません。

 

お釈迦さまは、厳しい修行の末、仏という「さとり」(大宇宙の真理)を得られて、私たちに『後生の一大事』のあることを教えてくださっているのです。

 


あなたは自信を持って、自殺を止められますか。

 

仏教にはその答えが教えられています。

 

いくつになっても子供はかわいい ~究竟憐愍の恩~

お釈迦様のとかれた『父母恩重経』の中に親の恩が10に分けて細かく教えられていますが、今回はその最後の10個目です。

 

(10) 究竟憐愍(くきょうれんみん)の恩 

 

これはどんな状況になっても、親は子供のことを思い憐れむご恩です。

 

親は七十、八十の老境に入っても子供をあわれみ、慈しむ。

 

その情は終生絶える間もなく、あたかも影の形に添うがごとく、親の心は子供から離れることはないのです。

 

「己生ある間は、子の身に代らんことを念い、己死に去りて後には、子の身を護らんことを願う」

 

 と『父母恩重経』にはあります。

 

姥捨て山伝説の中に

自分をかついで山に捨てに行く子供が、帰り道迷わないかを案じて木の枝を折って目印をつけるという場面があります。

 

どんな状況でも自分よりも子供という親心が描かれています。

子供が遠くへ行けば行くほど心配な親心 ~遠行憶念の恩~

(9) 遠行憶念(おんぎょうおくねん)の恩 

 

子供が遠くへ行けば行くほど、親の心配は募ります。

 

衣・食・住のことから、友だちの心配、学業のこと、

仕事のこと、健康のこと、そして経済状態。とにかく身の回りのことすべてが気になります。

 

子供の方はというと、県外の大学に行けば遊びや勉強で忙しく、就職すれば仕事で忙しい。

親のことを思い出す暇もないくらいです。

 

それでも親はいつも、「あの子元気にしているかな?風邪ひいてないかな?ちゃんとご飯食べているかな?」

と、子供の心配ばかりしてくれているのです。

 

「若し子遠く行けば、帰りて其の面を見るまで、出でても入りてもこれを憶い、寝ても覚めても之れを憂う」  

身にしみわたるお言葉です。

 

親という字は 木 の上に 立 って 見 る

と書きます。

 

離れていくこともをどこどこまでも見守る親心ですね。

さだまさしさんの 案山子に そういう親心が歌われています。 

子供を守るためなら罪を犯すかもしれない ~為造悪業の恩~

(8) 為造悪業(いぞうあくごう)の恩 

 

子供の為なら悪い行いとわかっていてもやってしまう親心です。

 

子供を愛するあまり、わが身を犠牲にしても、いかなる強きものにも対抗して子供を守ろうとします。

ことに子供が餓死しようとする場合には、前後を忘れて子供を助けようとして盗みをし、刑務所に入ることもあります。

 

ビクトルユゴーレミゼラブル(ああ無情)という作品では

主人公ジャンバルジャンは貧しさのあまり子供を養うことができません。

お腹をすかした子供のために、一切れのパンを盗んでしまいます。

ところが、それで捕まり刑務所に、家に残した我が子が心配なあまり

脱走を繰り返し最後は何十年という懲役刑となってしまいます。

 

「若しそれ子のために止むを得ざる事あらば、 自ら悪業を造りて悪趣に堕つることを甘んず」

とあります。

子供が欲しいといえば、悪いこととは知りつつも、つい他人の花をも手折ってしまう

洋の東西、古今を問わず、変わりなきは子を思う親心です。

子供には美味しいものをたべさせてやりたい ~嚥苦吐甘の恩~

(7) 嚥苦吐甘の恩(えんくとかんのおん)

 

父母恩重経』には、

 

「食味を口に含みて、これを子に哺わしむるにあたりては、
苦き物は自ら嚥み、甘き物は吐きて与う」

 

と言われます。

 

自分は食べなくとも、子を飢えさせる親はない。

おいしいものはみな子供に与え、 自分はまずいもの、残り物を片付ける母の姿を思い出します。

 

子供の成長を願う母親が、魚の身ばかりほぐし子供に与え、自らは骨をしゃぶって食事するのを見て、何も知らない子供は尋ねます。

 

「お母ちゃんはお魚の骨が好きなの?」

 

----------------------

 

「父母外に出でて他の座席に往き、美味珍味を得ることあらば、
自らこれを食べるに忍びず、懐に収めて持ち帰り、呼び来りて子に与う」

 

外出先でおいしそうな菓子や果物が出されると、自らはそれを食べず、
懐に収めて持ち帰り、子供に分け与える。

子供が食べる姿を見て満足する。

 

-----------------------

 

「己が好美の衣服は皆子に与えて着せしめ、己はすなわち古き衣、破れたる服を繕う」

 

継ぎの当たった着物を子供に着せることはないのに、洗濯物の中にやぶれた父のシャツや色あせたジャンパーやズボンがある。
古着を母が着ていることがある。

 

----------------------

 

子供が美味しいものを食べて喜んでくれるならばそれでいい。

子供の喜ぶ姿が自分の幸せ。

 

そんな風に親は思ってくれているのです。

子供のためなら汚いものも厭わない ~洗潅不浄の恩~

(6) 洗潅不浄の恩(せんかんふじょうのおん)

 

親が子供を育てるために、おむつや衣服、 子供の出した汚いものをも労苦いとわず洗濯して、常に清潔なものを着せてくれる恩です。

 

お経には、

 

「子供は母親の愛情がなければ養育されることがない。

子供が乳母車を離れるほどに成長するころは、おむつを洗濯する折に両手の爪の間に子供の便を含み、それを知らず知らずのうちに、台所での調理の時などに口へ運んでしまうのである」

 

「子供が小便をして自分の着物がぬれても、また子供の服が汚れても、決して臭いとか汚いと嫌うことなく、自らの手で洗濯し、洗い清めてくれるのである」

 

といわれています。

 

子供のころは、おねしょをしたり、おもらしをしたり、おう吐したり、外で泥だらけになったり・・・

 

お母さんは、毎日が子供が汚したものの洗濯で終わって行くようなものです。

 

それでも子供に嫌な思いをさせたくないと、一生懸命きれいにしてくださったおかげで、私たちは安心して毎日が過ごせたのです。
 

自分よりも子供を優先して育ててくださる親の恩 ~廻乾就湿の恩~

(5) 廻乾就湿の恩(えかんしゅうしつのおん)

 

母親は子供を乾いたところに廻し、自らは湿ったところに就いて寝る、という意味ですが、

子供がおねしょをした時のことです。

 

寝小便をした子が、隣に寝ている母親を起こせば、親は子供の下着を替えさせ、それまで自分の寝ていた乾いた場所へ子供を回し、自分は、子供がおねしょしたばかりの湿ったところへ、新聞紙をあてたり、他のものを重ねて、その上に寝るのです。

 

母に着替えさせてもらい、きれいになると、また安心して気持ちよく子供は寝ることができるのです。

 

これはどんな人でも経験があるのではないでしょうか。

 

子供のころ 絶対におねしょしないと、トイレにも行って

水も夜のまず寝たはずなのに夢の中でトイレが出てくる。

確かめて夢でないと思ってだしたら、生温かい感覚に

眼がさめる・・・・しまった・・・

と思ったらもう手遅れです。

 

ところが、そんな私を仕方ないねと叱らず、着替えさせてくれたことを思い出します。

 

釈尊はこれを、『父母恩重経』にこうおっしゃいます。

 

「水の如き霜の夜にも、氷の如き雪の暁にも、乾ける処に子を廻し、湿りし処に己臥す」(父母恩重経)