そもそも宗教って何?

 

「宗教って何だろう?」

 

と改めて疑問に思う人は日本ではあまりいないかもしれない。

 

私の人生では、宗教というものについて考える機会が何度かあった。

 

まず、19歳でロシアのモスクワ大学へ留学した時。

 

大学の寮に1年近く住んでいて、ロシア人だけでなく、ヨーロッパ・中国・アメリカなどさまざまな国から人が集まっていた。

 

共同キッチンで仲良くなり、誰かの部屋に集まってディスカッションがはじまることが日常茶飯事だった。

 

結構はじめの段階で聞かれるのが、

 

「あなたの宗教は?」

 

なのである。

 

この質問、自分にとってはかなりのカルチャーショックだった。

 

「なんて答えよう・・・いちおう実家は仏教浄土真宗)だと思うけど・・・ロシアはたぶんキリスト教だよな・・・でも、宗教の違いでトラブルになったら困るし・・・」

 

と心の中で葛藤し、結局答えたのが、

 

「私は何も信じていない。自分を信じている。」

 

海外で自己紹介の際に宗教を聞かれたら、だいたい「無宗教」だと答えていたが、そうすると相手が微妙な反応をすることに気付き始めた。

 

あるとき言われたのは、

 

「何も信じるものがないなんて、可愛そうね」

 

私はこの言葉の意味が分からなかった。

 

可愛そう??

 

私からしたら、宗教にすがらなければ生きていけないほうが可愛そうだと思っていたからである。

 

貧しい人や紛争地域で苦しんでいる人たちが、助けて下さいと神にお願いするもの。

 

だから、宗教というのは豊かな日本に住んでいる自分には一生関係のないものだと思っていた。

 

しかし、「何かを信じる」ということの本当の意味を理解したのは、それから10年後だった。

f:id:ananchang:20170418112553j:plain