「宗教」=「信じる」なのか?

宗教とは、神様・仏様、自然、有り難いシンボルなど、何か人間の力の及ばないすごいものを「信じる」ものだと認識されている。

 

では、その「信じる」とはどういうことか?

 

「信じる」=「疑わない」ことだと思っている人が多いが、よく考えてみると、「信じる」という言葉の裏には必ず「疑い」があるのである。

 

つまり、疑いようのないことに「信じる」とは使わないはずなのだ。

 

例えば、「私は女である。」

 

これはもう疑いようのない事実だと自分で分かっているので、「私は女だと信じている」とは決して言わない。

 

疑いようのないことは「知っている」と言う。

 

だから、多くの宗教は、信じるものは救われるという教えだが、「神を信じている」の裏には必ず「疑い」があるということだ。

 

仏教ではどう言われているか?

 

私達人間に、真実を信じる心などは到底ない

 

というのが仏教の教え。

 

仏教では、私たち人間は皆、「煩悩具足の凡夫(ぼんのうぐそくのぼんぶ)」であると言われている。

 

大晦日にお寺で除夜の鐘が108回打ち鳴らされるが、あの108は私たち人間にある煩悩の数。

 

どんなに素晴らしいと言われている人にも必ず108個の煩悩がある。

 

煩悩(欲、怒り、ねたみそねみの心)のかたまり、煩悩「しか」ないのが、人間の真の姿だということである。

 

そんな、自分の欲を満たすことしか考えていない私たち人間が、真実を信じなさいと言われて信じられるような「まことの心」など持っていないというのが、仏教である。

 

仏教って、かなり、ストイック。

 

でも、それが事実。

 

事実を事実として見つめるのが仏教。かなり論理的。

 

信じる心ぐらい持ってるわ!とうぬぼれているのが私たち。

 

そんなうぬぼれ心で信じているうちは、絶対に幸せにはなれないと仏教では言われている。

 

煩悩だらけの私たちが、どうしたら本当の信心(本当の幸せ)を得られるのかを、相手に合わせて説いていかれたのが、7000冊以上のお経となって現存しているのだ。

f:id:ananchang:20170420124209j:plain