幸せには2種類ある? 「相対の幸せ」と「絶対の幸せ」

どんな人にも、これ一つ果たさなければならない「人生の目的」がある。

 

と、仏教では言われている。

 

その目的とは、「本当の幸せ」になることである。

 

もちろん、不幸になるために生きている人などはいないから、幸せになるために頑張って生きていることは間違いない。

 

自殺をしようとしている人でさえ、「死んだほうが今よりは幸せだろう」と思っての選択である。

 

しかし、「幸せ」なんて人それぞれ違うから、上手に幸せを手に入れた人はよいが、不運な人は結局幸せになれないじゃないか!

 

と思ってしまうが、

 

仏教で教えられる幸せは、「本当の」幸せ。

 

幸せといっても、2種類の幸せがあると言われる。

 

「相対の幸福」と「絶対の幸福」

 

私たちが『幸せ』と聞いて思いつくもの、

 

結婚・家族・健康・仕事・お金・美味しいもの・趣味・・・

 

それらはすべて、「相対の幸福」である。

 

つまり、なにかと比べることでしか感じられない幸せである。

言いかえれば、欲を満たす幸せ。

 

1人でいるよりも、好きな人と一緒にいるほうが楽しいという幸せ。

お金がないよりも、あったほうが好きなものを買えるという幸せ。

病気になって初めてわかる健康の有り難さ。

 

なにかと比べて感じる幸せなので、人の数だけ幸せの感じ方は違う。

そして、いつまで続くかわからない、あればあるだけ欲しくなり、キリがない、「死」が来たら総崩れという特徴がある。

 

まことに死せんときは、予てたのみおきつる妻子も財宝も、わが身には一つも相添うことあるべからず。されば死出の山路のすえ、三塗の大河をば、唯一人こそ行きなんずれ(蓮如上人『御文章』一帖目十一通)

 

どんなに頑張って手に入れたお金や財産、名誉や家族も、死んだらひとつも持っていけない。たった一人で死んでいかなければならない。

 

いつ崩れるか分からない不安定な幸せを求めつづけ、結局は満足したということはなく死んでいく。

 

一方、仏教で教えられる「絶対の幸福」とは、完成(ゴール)があり、死が来ても崩れないものである。

 

800年前、日本全国に真実の仏教を広められた親鸞聖人の教えも同じである。

 

平生業成(へいぜいごうじょう)

 

(平生(今生きている間)に成し遂げることができる大事業(人生の目的)がある。だから早く完成しなさいよ。)

 

というのが、親鸞聖人ご一生90年の教えなのだ。

 

果たして本当にそんな幸せがあるのか、そんなものがあるとは信じられないし、どんな幸せか想像もつかない。

 

だから「疑いながら」仏教を聞いていきなさい、ということ。

 

世の中には真実でないことが溢れているので、容易に信じてしまうことは非常に危険である。

もちろんおかしな宗教を信じてしまっては、結局本当の幸せにはなれない。

 

仏教聴聞に極まる教えである。

 

信じよう信じようとして得られる幸せではない。

仏教を聞いていくことで、自分の心をしっかり見つめ、あきらかに物事を見ていくことが必要である。

 

必ず疑いが晴れ、絶対の幸福というものがハッキリ分かる時がある。

だから、そこまで聞きぬかせていただこう。

 

f:id:ananchang:20170515152321j:plain