私たちが本当の幸せになれない原因、「五欲」とは?

私たちが知っている「相対の幸福」仏教でいわれる「絶対の幸福」は、同じ幸せでも種類が違う。

 

「絶対の幸福」は、仏教を聞いていけばどんな人もなれる幸せであるが、なった人にしか分からない幸せである。

 

ただこれ、不可思議・不可称・不可説の信楽なり (親鸞聖人著書『教行信証』信巻)

絶対の幸福に救われるのは、言葉にも出来ない、想像も出来ない世界である。

 

そんな世界が、確かにハッキリとあるのだが、あると言われても信じられないのが私たち人間なので、釈迦はなんとかそれを知らせるために仏教を説かれたのである。

 

まず、私たちが分かる幸せ(相対の幸福)というのは一体どんなものか?

 

簡単に言うと、を満たす幸せである。

 

仏教では、人間が持つ沢山の欲を大きく5つに分けられている。

 

五欲

①食欲・・・食べたい、飲みたい心

②財欲・・・金が欲しい、物が欲しい心

③色欲・・・異性に好かれたい、性欲を満たしたい心

④名誉欲・・・人から認められたい、嫌われたくない心

⑤睡眠欲・・・寝たい、楽したい心

 

よくよく考えてみると、私たちの日々の生活はすべてこの五欲だけで成り立ってしまう。

 

朝起きて、まだ寝ていたいなぁ(睡眠欲)と思いながらも、会社へ行かなければ上司に怒られるし(名誉欲)給料がもらえない(財欲)から頑張って起きる。

身だしなみを整え(色欲、名誉欲)、仕事をし、お腹が空いたら食事(食欲)、帰ってきてまた寝る(睡眠欲)。

 

人間は欲求が満たされると、脳内からドーパミン・アドレナリンが分泌され、幸福感とやる気が起こる仕組みになっている。

 

だから、「欲」があることによって、目的意識や生きる原動力になるので、生きていくためには必要であることが分かる。

 

ただし、このドーパミン・アドレナリンのような幸福感というのは、続かない。

 

無くなると、また欲しくなり、あればもっと欲しくなる。

 

まるで麻薬中毒のようなものだ。

 

もちろん、2600年前のお釈迦様が生きた時代に、ドーパミンやアドレナリンといった脳内物質はまだ発見されていないが、そういった欲を満たす幸せでは「本当の幸せ」にはなれないということをすでに発見されていたのである。

 

そんな求めても求めても満足できない幸せを求めて生きている私たち人間の姿を、仏教の言葉で、

 

流転輪廻

 

といわれる。

 

流転も輪廻も、同じ所を際限なく回ることをいう。

f:id:ananchang:20170515152401j:plain