善とは?悪とは?~①布施をする~

生老病死、その他もろもろの苦しみの多いこの世で「本当の幸せ」になるには真剣に仏教を聞きなさいよ。

 

とお釈迦さまは言われている。

 

では、具体的にどのように聞けばよいのか?

 

まず、仏教で勧められているのは「廃悪修善」である。

「悪をやめて、善をしなさい」

 

当たり前のことのように思うが、昔の中国の僧、鳥巣は、「三才の童子もこれを知るが、八十の翁もこれを行なうは難し(3歳の子供でも知っていることだが、80歳のおじいさんでもこれを実行するのは難しい)」

 

言うは易し、行うは難しということである。

 

たしかに、酒は身体に悪いと分かっていながら、「少量なら身体によい」などと都合のよい言い訳をつけてなかなかやめられないのが私たち。

 

(ちなみに、仏教で酒を飲むことは、正常な判断力を失うという意味で「悪」とされている。)

 

では、善をしよう!と思うが、善悪の基準というのは人それぞれである。

 

何をしたらよいか分からないという人のために、お釈迦様はたくさんある善行を6つにまとめておられる。

 

六度万行

①布施(ふせ)・・・親切

②持戒(じかい)・・・言行一致

③忍辱(にんにく)・・・忍耐

④精進(しょうじん)・・・努力

⑤禅定(ぜんじょう)・・・反省

⑥智恵(ちえ)・・・修養

 

まず、布施とは、人にお金や物・心を施すこと。

 

「お布施」ときくと、今日ではお寺にお経をあげてもらったお礼として使われる言葉だが、もともとは、善行のひとつである。

 

困っている人がいたら、親切をしてあげる、お金やもので助けてあげるということである。

 

では、お金がない貧乏な人は布施できないのかというと、もちろんそうではない。

 

無財の七施」といわれ、仏教ではむしろ親切をするその「心」にこそ大事な意味があると言われる。

 

無財の七施

眼施・・・やさしいまなざしで、周囲の人々の心を和ませるように努めること。

②和顔悦色施・・・やさしい笑顔で人に接すること。

言辞施・・・やさしい言葉をかけるように努めること。

身施・・・自分の肉体を使って、他人のため社会のために奉仕すること

      (ボランティアなど)

心施・・・心から感謝の言葉を述べるようにすること

      (ありがとう、ごめんなさいなど)

床座施・・・場所や席を譲り合う心遣いをすること。

房舎施・・・訪ねてくる人があれば、寝る場所・食事を提供し、その苦労をねぎらう

       こと。

 

お金をもらうよりも、自分が悩んでいるときに笑顔で声をかけてくれる人、本当に困っているときに、一緒になって考えてくれる人、そんな心がすごく有り難く感動するものである。

 

もちろん人に与えるだけはをすると思う人もいるかもしれないが、布施は必ず自分に返ってくるものだから、お釈迦様はすすめられるのだ。

 

それが、仏教のすべてをつらぬく真理である「因果の道理」だからである。

f:id:ananchang:20170515153320j:plain