偽善者とは?

「人」の「為」

 

と書いて、「偽」という漢字になる。

 

人のために何かをすることは善いことであるが、「自分のため」なのに「人のため」といってやることは偽善

 

例えば、満員電車でお年寄りに席を譲ったとしよう。

すると相手は、「有り難う」も言わず、なんなら文句をつけてきたらどうだろう?

こちらは親切でやってあげたのに!

と腹が立つ。

 

隣の家にクッキーを持って行って、「ありがとう」の一言がなかったらどうだろう?

「持って行かなければよかった!」

と思うありさま。

 

つまり、自分が勝手にやったことなのに、実は見返りや感謝の言葉を期待している自分がいる。

 

私たちは、してもらったことはすぐに忘れてしまうのに、「してやった」ことはいつまでも覚えている情けない心がある。

 

そんな私たちのやる善を、親鸞聖人は「雑毒の善(毒の混じった善)」だと言われる。

 

私たちのやる善は、仏さまの目から見ればすべて毒の混じった善なのである。

 

では、そんな善ならばやる必要がないのか?

 

これは、仏教で決して聞き誤ってはならないところである。

 

偽であろうが毒であろうが、善は善。

 

善因善果のとおり、善いタネをまけば必ず善い結果が自分に返ってくる。

 

悪因悪果のとおり、「毒の混じった善ならば、しないほうがまし。」と悪を続ければ、自分の人生が悪くなるだけである。

 

見返りを求めない善を真剣に求め、実行する、その姿勢が最も大切。

「知った分かった」と自惚れて、実践しない人に結果はあらわれない。

善をやった人にしか見えてこない心がそこにある。

 

まことの善や功徳など、微塵も積めない自分であったと知らされるまで、仏教を聞くことが「本当の幸せ」につながる。

 

f:id:ananchang:20170515152626j:plain