人生観を変える善のすすめ

仏教における善悪基準をもとに、日々生活していくと人生が変わるほどの結果をもたらす。

 

善行というと、ボランティアとか寄付といった社会奉仕を想い浮かべがちであるが、仏教で最も大事にされるのは、「どんな心」で行うかということだ。

 

量より質。

 

形より心。

 

名誉欲のために恵まれない子供たちに多額の寄付をするよりも、感謝の気持ちで親へ一輪の花を送るほうが功徳が大きく、善い結果があらわれる。

 

家族や同僚、お客様に喜んでいただくために、笑顔で挨拶をする。

 

助けてもらったり、何かをもらったら、感謝の言葉や喜びの表情を惜しみなく表現する。

 

仏教の言葉で、自分の利益ばかり求める心を「我利我利」といい、

 

相手の幸せを願う心を「自利利他」という。

 

我利我利亡者では決して幸せになれない、仏教は自利利他の教えである。

 

「利益(りやく)」とは「幸せ」のことであるから、他人の幸せはそのまま自分の幸せとなるということ。

 

現代でも「利他の精神」といって、世界的に有名な経営者たちが経営理念としている。

 

「自利(自分の利益)」は意識しなくても常に考えているのが欲深い私たち人間である。

 

自分のことは忘れて、ただひたすらに「利他」だけを考えていくことが、結果的に自分に大きな幸福をもたらす。

 

そういう気持ちを意識しながらこれからの人生を歩んでいくと、見える世界が180度変わり、まわりの人たちの心にも影響を及ぼしていくことになるだろう。

 

自分の心を変えることで、自分の世界を変えられる、素晴らしい教えである。

f:id:ananchang:20170515153238j:plain