十悪とは? ~欲の心~

仏教では、「幸せになるためには悪をやめて善をしなさい」と言われる。

 

では悪とは何か?

 

お釈迦さまは、私たち人間の作る罪悪を10個にまとめられている。

 

『十悪』

①貪欲(とんよく)

②瞋恚(しんに)

③愚痴(ぐち)

④綺語(きご)

⑤両舌(りょうぜつ)

⑥悪口(あっこう)

⑦妄語(もうご)

⑧殺生(せっしょう)

⑨偸盗(ちゅうとう)

⑩邪淫(じゃいん)

 

最初の、貪欲・瞋恚・愚痴は三毒の煩悩」といわれ、108つの煩悩の中でも最も恐ろしい「心」で犯す罪悪。

 

人間の世界では、法律や道徳によって、殺人や窃盗など身体で作る罪のほうが重いとされるが、仏教では「身体」や「口」で作る罪より、「心」で作る罪が最も重いとされる。

 

心で思うだけなら人に迷惑かけないからいいじゃないか!

 

と思ってしまうが、まず最初に「心」で思うから身体や言葉にでるのである。

 

心で思っていないのに、身体が勝手に動く人はいない。

 

だから、善いことも悪いことも心で思うことが最も大事とされる。

 

貪欲とは、底の知れない私たちの欲の心を言う。

 

あれが欲しい、これが欲しい、どこに行きたい、褒められたい、認められたい、もっともっと・・・

 

あいつがいなければ、あの人が失敗すれば、あの人が死ねば・・・

 

親子、兄弟、親戚、恩人であっても、自分の欲のためにはどんな恐ろしいことも考える心を持っている私たち。

 

遺産相続で争ったり、新しい恋人が出来て邪魔になった子供を母親が殺したり、資源や領土を争って戦争したり・・・

 

すべて欲の心が引き起こした惨劇。

 

いつまでたってもキリのない名誉と利益を求めて、死ぬ時にはすべてを置いてこの世を去らねばならない。

 

私たちは皆いつか必ず死ぬのに、そんなキリのないものを求める人生で良いのだろうか?

 

と考えさせられる。

f:id:ananchang:20170515161449j:plain