怒りのループにはまらないためには・・・ ~瞋恚~

お釈迦さまが、人間の作る罪悪を10個にまとめられている。

 

その2つ目が、「瞋恚(しんに)」である。

 

あまり聞きなれない言葉だが、「怒りの心」のことである。

 

怒りの心はどうやって起きるか?

 

十悪の1つ目である「欲」がさまたげられると出てくるのが「怒り」である。

 

旦那が優しくしてくれないと腹が立つ。

子供が言うことを聞かないと腹が立つ。

欲しい物が手に入らないと腹が立つ。

 

【怒りは無謀に始まり、後悔に終わる】

 

と言われるように、人間は一度かっとなったら理性を失い、言ってはならないことを言い、やってはいけないことをやってしまう。

後悔したときには時すでに遅し。

 

たった一度の怒りで、家族や会社、すべての信用を失ってしまった人がどれだけいるだろうか。

 

そんな怒りが、人の心にも自分の心にもあるのだということをいつも意識しておかなければならない。

 

自分がかっとなった時は、かっとなった自分を出来るだけ客観視するように心がけること。

「あ、今私怒られているなぁ」

「腹が立っているんだなぁ」

と事実をありのままに見ることが、怒りを爆発させないコツ。

 

そして怒りには怒りで返さないこと。

 

不要な争いに巻き込まれないためには、怒った人に「近づかない」ことが一番である。

冷たいと思うかもしれないが、一度かっとなると周りが何を言っても聞かない。

本人の熱が冷めるまで待ってあげるほうが賢い選択である。

 

悪因悪果の通り、「怒り」という悪因は、必ず悪果となって本人に返ってくる。

 

だから、自分も腹が立つ時は「その手には乗らぬぞ!」と裏をかいて笑ってしまえばいいのである。

f:id:ananchang:20170518134440j:plain