心で思っていることを、すべて言葉にできるか? ~心と口の関係~

仏教では、人間の作る罪悪を「十悪」にまとめられ、そのうち最も恐ろしい「欲・怒り・ねたみそねみ」の心を見てきた。

 

これらの心が、口から出る(言葉になる)と次の4つの罪悪となる。

 

④綺語(きご)・・・心にもないお世辞を言うこと。

⑤両舌(りょうぜつ)・・・二枚舌とも言い、仲の良い人の間を仲たがいさせるような     

             ことを言うこと。

             こっちではあの人の文句を言い、あっちではこの人の文句      

             を言う。学校や会社などでもよく見る光景。

⑥悪口(あっこう)・・・わるぐち、中傷。

⑦妄語(もうご)・・・ウソをつく。事実無根のデタラメを言うこと。

 

どれも、人生で一度もやったことのない人はいないのではないだろうか。

そして自分もこれらの言葉に深く傷ついた経験があるだろう。

 

また、言った方は何気なく言った言葉が、言われた本人には一生心の傷となって残ることもある。

 

お釈迦さまは、私たち人間の心と口の関係を次のように説いている。

 

心口各異 言念無実 (しんくかくい ごんねんむじつ) by『大無量寿経

 

(心で思っていることと、実際口にしている言葉は全く異なる。

どこにも真実はない。)

 

例えば、知り合いのお母さんに会い、その赤ちゃんに対して「お世辞にも可愛いとは言えない。どちらの親に似たのだろう、可愛そうに・・・」

と、心では思っていても、人間関係を円滑にしておくためには、「まぁ、可愛らしい赤ちゃんね!」と言ったりする。

 

このように、私たちはいつも本音を隠すのに苦しんでいる。

 

これから科学が発達して、心の中が見えるシステムなんかが発明されれば、この人間社会は恐ろしいことになるだろう・・・。

 

もちろん、心で思っている「悪」をそのまま口に出せばいいという訳ではない。

「悪因悪果」の通り、言ってしまえばすべて自分に返ってくる。

そして、悪いことを思わないようにしようと思っても、思ってしまうのは、悪しか作れない人間だからである。

 

自分もそういう人間だということを、「あきらかに見る」=「諦観(たいかん)」が、仏教で言われる「本当の幸せ」になるために必要な過程なのである。