仏教は暗いのか?

仏教を聞くと、暗くなる」

「私はもっと明るく生きたいのに、仏教ではマイナスなことしか言われない」

仏教は死のことばかり」

 

といった意見があるが、完全な聞き誤りである。

 

確かに、仏教では「人間の実相」つまり自分の本当の姿が次のように説かれている。

 

心常念悪(心は常に悪を念じ)

口常言悪(口は常に悪を言い)

身常行悪(身体は常に悪を行い)

曽無一善(かつて一善も無し)        

by『大無量寿経

 

お釈迦様は、すべての人間の本当の姿がこのような極悪人だと説かれている。

一人も残らず、だ。

 

「あなたもこのような極悪人なのですよ」

 

と言われて反発しない人はいないだろう。

 

「ときどき悪いことは考えたり言ったりすることはあるかもしれないが、常にではないだろう。」

「善のひとつくらいは頑張れば出来る」

 

と思っているのが私たちである。

 

確かに自分を否定されているようで、仏教は聞けば聞くほど辛くなると思う人もいるだろう。

 

しかし、自分が一体どんな者なのか、真実の姿を知らなければ、真実の幸せにはなれないと言われる。

 

例えて言うならば、

 

難病の患者がいる

・だが、その難病を治すがすでに開発されている

・その薬さえ飲めば、その難病は必ず治る

・ところが、患者は自分が難病であることを認めず、薬を飲まない

・医者や周りのすすめにも関わらず、薬を飲まなかった患者は苦しみ、結局んでしまう

 

この患者が死んでしまった原因は、「難病」ではなく、「自分が難病だと認めなかったこと」である。

 

私たち人間も「心の病」にかかった患者で、薬さえ飲めば治るのに、「自分の本当の姿」を認めようとしないために苦しんでいる。

(※心の病とは、うつ病精神疾患のような病気のことではない)

 

だから、仏教では、自分がどんな者であるかをあきらかに見てもらう(諦観)ために、人間の実相を説かれるのである。

 

自分の姿を知り、どんな極悪人をも絶対の幸福に救う教えであった!

というところまで、聴聞させていただくことが仏教の決勝点である。