仏教を聞く=「法鏡」=ありのままの自分を知ること

私たちが、決して崩れることのない永遠の幸せ(絶対の幸福)になるためには仏教をよくよく聞くことが大事であると言われる。

 

なぜなら、自分の本当の姿を正しく知ることが、幸せの第一歩だからである。

 

2600年前のインド。

お釈迦さまが、35才で仏のさとりを開かれてから80才でお亡くなりになるまでに説かれた教えを仏教という。

 

お釈迦様がお亡くなりになる時、お弟子が「お釈迦様の45年間の教えを一言で言うとどんな教えですか?」

と尋ねた。

 

7000冊以上のお経になる教えを、たった一言で答えるとは非常に大変なことである。

 

ところがお釈迦様は、「汝らに『法鏡』を授けるであろう」とズバリ一言で喝破なされている。

 

「法」とは中国の言葉であるが、インドのサンスクリット語で「ダルマ」、日本の言葉では「真実」である。

 

法鏡とは、ありのままの自己の姿を映す鏡ということ。

つまり、仏教を聞く」とは「ありのままの自己を映す鏡を見る」ということになる。

 

私たちは、自分のことは自分が一番よく分かっていると思っているが、果たして本当にそうだろうか?

 

名前や肩書きや、地位や名声、そしてこの身体は、いつまでもあるものではない。

いつかは必ず無くなるもの。

死ねばすべて自分のものではなくなる。

私たちが「自分」だと思っているものは、今生きている間だけの借り物にすぎない。

 

仏教で、「真実の私」とはどのように説かれているのだろうか?