「生きる」とは「信じること」

 

「信じる」というのは、何も、特定の宗教に限ったことではない。

 

この人と結婚すればきっと幸せになれると「信じて」、人生の伴侶を決める。

 仕事は辛いけど、頑張れば幸せになれると「信じて」、毎日会社に通う。

 老後の蓄えや、資産があれば安心だと「信じて」、貯金や保険、投資信託を選ぶ。

 明日も自分の命はあるものだと「信じて」、手帳に1週間後のスケジュールを書き込む・・・

 

しかし、実際はどうだろう?

 

3組に1組が離婚するとも言われる世の中。愛し合って結婚したはずの2人がいつしか憎しみに変わることもある。

 

へとへとになるまで働いて、家族との時間は取れず、結局何のために頑張っているんだろうという矛盾に気づく。

 

必死で貯めたお金や財産、死んだら一円も持ってはいけない。

 

子供たちのために!と思って残した財産が原因で、子供たちが争うこともある。

 

3.11東日本大震災の日、まさか今日が自分の死ぬ日だと思って家を出た人がいただろうか?

 

まさか、これが大切な人との最後になると知っていた人がいるだろうか?

 

「人は必ず死ぬ」と頭では分かっていながらも、自分はまだ生きていられると無意識に信じている。そうしなければ私たちは生きていけないからである。

 

明日も命はあると信じていたがために、それが裏切られた悲しみは果てしがない。

そのやり場のない怒りや悲しみを、政府や電力会社や地震津波などの自然に対して向けるしかない。

 

「信じる」=「生きる」

 

とも言えよう。

 

では一体なにを信じればいいのか?

 

何かを信じても、いつかは裏切られる。

 

しばらく幸せが続いても、「死」が来たら何にも残らない。

 

果たしてこの世に必ず幸せになれるという絶対的なものがあるのか?

 

親も友達もなにも信じられない、そんな辛い人生なら死んだ方がましなのではないか?

 

そもそも人生に意味などあるのだろうか?

 

どうせいつか死ぬのに、なぜ自殺してはいけないと大人は言うのか?

 

そんな答えの見つからない疑問に、仏教ははっきりと答えてくれる。

 

その答えを知るためには、まず、事実を事実として受け入れる器が必要である。

 

その事実とは、諸行無常というお釈迦様の言葉にすべて納まっている。

 

f:id:ananchang:20170420125831j:plain